家計をやりくりする主婦が今すぐお金借りる事を考える時

主婦がお金借りることを考える時、家計がピンチに陥っており必要に迫られて……という場合が多いでしょう。
個人的な買い物をしたいから、という理由でキャッシングをするよりも『生活費のたしにしたいから』という切羽詰まった理由が主立っています。
そんな家計がピンチという状況を呼び込む原因には何があると思いますか?
大きく分けると2つ、家計ピンチの原因は考えられます。

 

一家の大黒柱である旦那さんの給料が減少・もしくは給料がなくなる

どんなに実直で仕事に対して責任を持っている人でも、病気などをしてしまっては働けません。家族のためにかなりの無理を重ねた結果、病気の症状が悪化して入院が長引いてしまったり、手術になってしまったりする人もいるでしょう。
病気やケガなどで会社を離れることになった時、休職扱いにしてくれる会社ならいいのですが、場合によっては辞めるように直接的でない表現で伝えられることもあるようです。そうなったら無収入状態になってしまうため、家計は大赤字になってしまいます。これでは主婦にとっては大きなストレスになってしまいます。
また、病気やケガ以外にも家計のピンチを呼び込む原因となることがあります。『旦那さんが会社から離脱すること』です。

 

主婦のお金の悩み、やりくりについては様々な個人個人の情報があるから一概にどうすればいいかとは言えません。主婦の家計簿の投稿記事を見てもみなさん様々ですし、今すぐのお金を借りるというケースもしかたのないことといえます。
あなたの家計簿見せて!|ゼクシィ

 

これは自分の意思で離脱したか会社の意思で離脱したかは関係ありません。どちらにしても会社を辞めることによって無収入状態になってしまった時点で家計をピンチに陥らせるものです。
会社の雇用から外れるかもしれないことを配偶者である妻に相談しないまま、ある日突然『俺、仕事辞めたから』と言ってくる旦那さんもいます。発狂モノですね。
そんな時は今すぐお金借りることを考えてしまいます。

 

旦那さんの退職でお金に困ったらどうする?

家計を支えてくれている旦那さんの給料に異変が起きた時には、その給料を遣り繰りしている奥さんにも大きな負担となることでしょう。

 

そんな時に頼りになるのは次の2つのお金と言えますよね。

  • 退職金
  • 失業保険
  • 貯金

旦那さんが突然会社を辞めてしまった場合、頼れるのはこのようなお金かも知れませんが、貯金がない場合には上記の2つのみとなってしまいます。

 

ただし突然会社を辞めてしまった場合、退職金が貰えるまでに時間が掛かる場合もありますし、退職金制度がない会社も今は多くなっているようです。

 

そうなると、最終的に頼れるのは失業保険ということになりますよね。

 

失業保険の支給には期限がある

失業保険は誰もが貰える訳ではなく、受給資格に該当する必要があるのです。

  • 雇用保険に加入していること
  • 働く意志があり健康であること
  • 退職した日から遡って2年の間に通算12か月以上の被保険者期間があること(特定受給資格者・特定理由退職者は1年の間に6カ月以上の期間があることが必要)

このような条件を満たすことができる場合には失業保険を受給することが可能になりますが、その期間は90日〜360日となっていて、支給額については退職前の給料に対して4〜8割に相当する金額となっているんです。

 

求職者支援制度の利用も考える

失業保険が貰えない場合、すぐにキャッシングを考えてしまうかも知れませんが、失業保険の受給が終了してしまった場合も含めて、「求職者支援制度」を利用することも可能となっているのです。

 

その内容は以下のようになっています。

  • 対象となる人:失業保険が貰えない人(受給終了も含む)で、かつハローワークで受講を勧められた人
  • 受講費用:テキスト代以外は無料
  • 受講できる条件:収入が8万円以下であり世帯収入が25万円以下などの項目に全て該当すること

 

このような内容となっていますが受講できる講座については、介護やパソコン技術・簿記や医療事務などと専門的な知識や技能を身に着けることを目的としています。

 

そして何よりも嬉しいのが、月10万円の職業訓練受講手当や交通費が支給されることです。

 

またこの他にもハローワークで求職活動をすることにより受けることができる支援がありますので、退職後に仕事が決まらずに困っている場合には、まずはキャッシングを考える前に相談してみることをおすすめします。

 

特別出費が立て続けにおこる

結婚式や出産などの慶事やお葬式などの弔事が立て続いて、今すぐのお金が必要になってしまう月があるかもしれません。(参考サイト:お葬式のお金を借りるなら)月をまたいでバラバラにあるならいいのですが、集中して一つの月にそのような特別出費がいることが起こると家計のプランも崩れてしまいます。

 

生活費の範囲を超えた突然の出費には今すぐのキャッシングが強い味方に

普段の生活ならば給料の範囲で何とか主婦として遣り繰りしていけるという場合でも、突然の大きな出費には対応できない場合も多いでしょう。

 

そんな時にはどうしたら良いのでしょうか?

  • 極端な節約生活を実践する
  • 土日に短期のアルバイトをする
  • 家の中の物を売ってお金に替える
  • 親や友達に借りる
  • 会社から給料の前借りをする

まとまったお金の捻出にはこのような方法も考えられますが、どれも難しいということもあるでしょう。

 

そんな時に強い味方になってくれるのがキャッシングであり、特に大手の消費者金融ならば最短30分という早さで審査を実施していますし、即日融資も可能になっているのです。

 

また無利息サービスが利用できるキャッシングサービスもいくつかありますので、給料やボーナスを貰うまでの繋ぎとしてこのようなサービスでカードローンを利用するのも1つの方法と言えますよね。

 

主婦のキャッシングには2通りある

主婦がキャッシングでお金を作る場合、年収の有無により借入先が決まってくるのです。

 

旦那さんが退職してしまった場合には専業主婦であってもパートを始める場合もあるでしょう。それならば銀行カードローンや消費者金融でのキャッシングを利用してお金借りることが可能になります。

 

ただし、小さいなお子さんがいると専業主婦でいるしかないという場合もありますよね。その場合に利用できる金融機関は銀行だけになってしまうんです。

 

専業主婦が消費者金融でキャッシングできないワケとは?

専業主婦は消費者金融でキャッシングすることは難しく、特に大手では利用不可となっています。

 

その理由は「総量規制」という法律にあり、消費者金融の利用では年収の1/3以下までの借り入れが限度額となっているからです。

 

そのため年収が0円である専業主婦がお金借りることはできないことになるのです。ただし銀行カードローンを利用する場合ならば、総量規制の対象から外れるため申し込みできるようになっています。

 

今すぐお金を借りる口コミ体験談

誰にも内緒で借入れできた!

家族の誰にも知られずにキャッシングできるのか心配でしたが、Web契約をすることで直ぐに審査が始まり、その後自動契約機へ行って契約をしてカードを発行してもらいました。後は都合のいい時と場所と方法を選んで、カードでキャッシングするだけでした。これなら家族にカードが見つからない限りはバレる心配もありません。色々な事情に配慮したサービスがあるので、プロミスで借りれば安心だと思います!(パート・46歳主婦)

 

今すぐお金を借りる方法